ビデオ

メッキ

GMAは、世界標準の最新のメッキ設備と技術を導入し、硬質クロムメッキ、表面磨き、精密研磨技術などのサービスを提供して、ダイメッキの品質と膜厚均一性を上げ、お客の製品に価値を付加します。さらに、2018年から2019年までに2つの新しいメッキ設備が導入して、技術も開発し、メッキ長さは最大6メートル、幅は最大1メートル、そしてメッキ厚さは150ミクロンに達することが可能です。

工業用硬質クロムメッキ工程は、精密工業では非常に重要な工程であり、工業用硬質クロムメッキを加工した後、表面硬度はHRC 65度(800 HV)以上に達することができます。表面は耐摩耗性、耐食性、耐アルカリ性、低摩擦の特性を持ち、ダイの表面平滑性を最適化し、製品寿命を延ばすことができます。

完備な排水処理設備とガス処理設備を建設して、すべてのプロセスは最高の環境基準に沿って、グリーン環境保護基準を遵守し、6S生産管理に従うことで管理されます。。 GMAは、高精度の製品品質と安定した供給システムをお客様に提供し、長く経営基盤を築くことで、社会的義務を果たします。

メッキ設備

容器形

立て形

立て形

横形

横形

体積

1.5*1*3

1.5*1.5*6

4*1*1

4.2*1*2

針穴

 

 

エッジR

 

 

 

最大深さ

 

 

 

穴メッキ

 

 

メッキ均一性

 

  • 排水処理設備

  • 排気設備

  • 純水設備

免許

  • ISO9001 水質汙染防止免許

  • 毒物劇物取扱い免許

メッキの知識 

メッキの定義

メッキには2つの概念がある:

原理:

メッキは、主金属イオンに直流電流をかけ、拡散、対流、磁場などの移動で陰極として作用面に達し、金属原子に還元される電子を得て金属層に結晶化するプロセスである。

一般的な意味:

メッキプラントによって受け入れられている様々な種類の処理は、次のようにメッキは、電着、無電解堆積、転化膜形成、表面洗浄、平滑化、光沢化、および微細粗面化を含む表面処理のプロセスです。

メッキの目的

加工品に金属でコーティングされて、滑らかで美しい外観、物品のさび止めおよび耐摩耗性などを与えることができます。

メッキはダイの傷をカバーできる?

メッキは表面に金属層に付加するので、10μm以内はメッキで鏡面を修復することができます。10μm以上の場合は、状況に応じて修理または再研磨してからメッキします。

30%メッキ、70%メッキ前処理?

製品はメッキ前に処理される必要があります。メッキプロセスの中でどんな前処理が行われるかは、誰にとっても明らかではありません。メッキの不合格の原因では70%~80%は前処理なので、専門家は、前処理の効果を見るだけで、この工場の管理と技術レベルを理解することができます。それ故、メッキは前処理を綺麗に正しく行うことで、二等製品、廃品などを無駄に作らないで、生産効率を改善し資源を節約することができます。

三価クロムめっきと六価クロムめっきの比較(六価クロム)

特性

六価クロム

三価クロム

クロム量 / (g/L)

 25~300

15~20

陰極電流密度 /(a/dm²)

15~30 

3~15 

陰極電流効率 / %

10~16

>30 

イオン分散性

Bad 

Good

メッキ厚さ

 Available to plate thicker

Difficult to plate thicker

メッキ液安定性

Good

Worse 

メッキ硬度

 High,
Abrasion Resistance

Low

メッキ色

 Glossy, Adjustable

Similar to color of Stainless Steel

クローム霧

Yes

No

毒性

Strong

Weaker

当社へのお問い合わせ